• ホーム
  • 生理痛は市販薬と体質改善で痛みを和らげる

生理痛は市販薬と体質改善で痛みを和らげる

2019年09月24日

生理痛がひどいという女性の中には、かなり痛みがひどく、立ち上がれなくなってしまったり、貧血で倒れてしまうという女性もいるのです。
しかし、最近では働く女性が増えているということから、生理痛がひどくても仕事にいかなくてはならないという女性がかなり多くなってきているのです。
こういった場合、市販薬で痛みを抑えながら仕事へ行ったり、職場環境によっては仕事のペースを少し落として働くという人もいるのです。
中には市販薬の効果があまりなく、痛みに耐えながら仕事をしなくてはならないという女性もかなり多くなってきているのです。
生理期間はいつも通りのペースで動くということが難しいこともあるので、すこしゆっくりとしたペースで動くということも大切なのです。

市販薬の効果がなかなか出ないという女性におすすめなのが、市販薬を飲むことにプラスして、体質改善を行うということがおすすめなのです。
体質改善というと、少し難しいというイメージがありますが、夏でも体を冷やさないようにする、鉄分の多い食品を摂取するようにするなど日常生活に取り入れられるようなことからはじめることがおすすめとなっているのです。
体を冷やさないようにすることによって、体を内側から温めることができますので、生理痛を改善することができるのです。
お風呂はシャワーで済ませてしまうのではなく、湯船にゆっくりと浸かるようにする、体を温めることの出来る生姜を料理に取り入れるようにするなど、日常生活に無理なく取り入れられるようなことがたくさんなるのです。

鉄分の多い食品を摂取するということが難しい場合、鉄分のサプリメントを飲むことによって、貧血を防ぐことができるのです。
市販薬に頼り切ってしまうのではなく、自分の生活を見直すことによって、生理痛を改善し、生理期間を快適に過ごすことができるようになるのです。

関連記事
生理痛や膵炎の痛みはスギ薬局でご相談いただけます

多くの女性が悩んでいる生理痛は、下腹の当たりがずーんと重くなった様に痛んだり、人によっては立っていられないほどの激痛で日常生活がままならなくなったり、吐き気・下痢・便秘・腰痛・肩こりなどの症状が出る事もあります。生理痛が起こる原因は経血を体外への排出を促すために子宮を収縮させるプロスタグラジンが過剰

2019年10月19日
スポーツ選手の必需品であるピルの最安値

ピルと言えば避妊薬と知られている薬です。しかし、実は生理痛の緩和などにも効果があるといわれます。なぜならピルには女性ホルモンを安定させる作用があるからです。そのために最近では生理痛を改善させるために低用量ピルを内服している人が増加傾向にあります。一般の人にとっては生理は毎月あって当然です。そして多少

2019年08月25日
喫煙による煙草の煙が生理痛に及ぼす事

生理痛が酷く、その期間は日常生活にも支障をきたすという方も多くいます。生理痛の重さにはそれぞれ違いがあり、さらに痛みの原因にも多少の違いがあります。まず出血する時に血管が収縮してそれが強い痛みとして現れるわけですが、お腹が冷えている事によって血管の開きが悪くなり収縮時に強く痛むという人もいれば、骨盤

2019年07月27日
休薬期間に起こる生理痛や鬱について

ピルは毎日飲むものと思われがちですが、21日間飲んだら7日間は休薬期間としています。その休薬期間の間に通常は生理がきます。厳密には生理のような症状で、子宮内膜が通常のようには厚くならないので余分な子宮内膜が剥がれる程度です。そのためごく少量で終わってしまう場合もあります。ただ、ピルを飲み始めた最初の

2019年07月08日
生理痛解消にハーブティ!生理期間中以外も飲んで予防を

生理痛はつらい、けれど市販の薬は使いたくないという人はハーブティを利用してみましょう。生理痛は冷えやホルモンバランスの崩れが慢性的にある人に多い症状だと言われています。ハーブには様々な有効成分が含まれていて、それらが生理痛の痛みを緩和してくれるのです。その中でもカモミール、ラズベリーリーフ、セージ、

2019年06月13日
低用量ピルの飲み始めに起こる副作用

生理痛の改善のために、低用量ピルの処方を受けている人もいます。低用量ピルは女性ホルモンのバランスを整えることで生理時の経血となる子宮内膜が厚くなるのを防ぎ、子宮内膜の中に含まれる生理痛の痛みを引き起こす原因ともなるプロスタグランジンの量を抑えることで生理痛を軽減させます。酷い生理痛の人にはとても有効

2019年05月25日
低用量ピル21錠と28錠のタイプ別はどう違う?

ピルは避妊薬というイメージがありますが、生理痛を和らげる目的でも使用されています。生理痛の改善するために用いられるのは多くの場合低用量ピルです。卵胞ホルモンが50 μg未満の量が低用量ピル、50 μgのものは中用量ピル、50 μg以上の量のものを高用量ピルといわれています。低用量ピルには、女性ホルモ

2019年05月12日